葬儀に関するサイトBegrabnis

出棺・火葬・精進落しまでの流れ

葬儀が終了た後は出棺していきます。まず、火葬場に向かうのですが、この際、火葬場に移動する人とそのまま残る人との二手に分かれていきます。一般の参列者の方は一部を除いてそのまま帰ります。火葬した後は再び戻って精進落しから葬儀、葬儀の終了の読経があり解散となります。では、更に詳しく流れをご紹介していきます。

出棺・釘打ちについて

葬儀が終了しますと祭壇から棺が運ばれて遺族&参列者と最後のご対面になります。葬儀社の方たちが祭壇に飾られていた生花を渡してくれますのでこれを遺体の周りに飾りっていきます。その際に最後のお別れの言葉を言いましょう。そして、故人が生前に使用していた物などを一緒に棺に入れてあげましょう。注意したいのは、金属類など燃えにくい物は入れないと言うことです。
その後、棺のふたを釘で止めていくといった釘打ちの儀式入っていきます。多くの場合が、葬儀社の人たちが半分ほど打ち込んでいる状態ですので、遺族たちが残りの部分を軽く形式的に2回ずつ叩きます。釘を打つのは石です。
これは決まり物で三途の川の石を現しています(仏式)。また、地方によっては金槌を使う場合もあります。一通り参列者が釘打ちをしましたら、あとは葬儀社の人が釘を完全に打っていき、閉めたら出棺というわけです。それから、霊柩車に運び込む少し前に、葬儀委員長という方が会葬者全員に会葬御礼の挨拶をしていきます。この際、喪主は位牌を持って、遺族の中の一人が遺影を抱きかかえ、委員長の横に並びます。ちなみに、地域によっては挨拶は喪主が行うこともあります。


火葬場への移動について

棺を霊柩車に乗せるために、運ぶ作業をする人数は決まっており、男性の遺族・親族あわせて6名となっています。そして、その際は必ず遺体の足側から乗せていきます。 霊柩車には葬儀社の人が乗っており、位牌を持った喪主と遺影を抱えている子供のうちの一人が僧侶と一緒に次の車に同乗します。そのほかの人たちは親族を中心にして他の車に乗って火葬場に向かっていきます。ここまでは遺族、親族、葬儀社の全員が他の手伝いの人たちと一丸になり行動してきましたが、今度は火葬場に行く方とと留守番をする人とに分かれます。そして会場に残った人は後片付けを担当し、火葬場に向かった方たちが戻って来た際、改めて精進落しを行いますのでその準備を行う担当になります。


 

火葬について

火葬場に向かった方々は着いたらすぐに火葬許可証を提出しなければなりません。火葬場の担当のスタッフが火葬許可証に記入をしてくれます。そして、埋葬許可証になります。火埋葬許可証は再発行することができませんから、まえもって葬儀社の人に預けておくと良いでしょう。火葬炉の前に置かれている小さな机に位牌などを飾って、納めの式を実施していきます。
そして、ここでは、ご遺体とはもう最後のお別れとなってしまいます。僧侶が読経をしているの中、喪主以外の全員で焼香をして、大きな釜に運んでいく棺をお見送りしていきます。火葬した後は、会場の控え室で骨上げを待つことになりますが、時間的に一時間程度待つことになります。ちなみに、石炭や薪を使用している火葬場の場合なら2時間近くかかることもあります。
また、火葬の最中に、地方や宗派によっては線香を絶やさないように喪家の人がいる場合もあるようです。 基本敵意控え室で待っている時間は、軽食やお酒などの飲み物が用意されていますから、故人のお話をしながら、共に過ごしましょう。


骨上げ

「骨上げ」というのは、火葬が終わった後のお骨を骨壷に収めるといった儀式のことです。各地域によっては「骨拾い」「灰寄せ」など呼ぶこともあります。
火葬が終わると火葬場のスタッフの指示に従って、全員が再度炉の前に集合します。そして炉の中から、骨と骨灰が取り出されます。そこで会場にいる全員で竹の箸を使用して拾い上げ骨壷に収めていきますが、この際は必ず二人一組になり、二つの箸で一つの骨を拾い上げて壷に収めるというしきたりになります。箸を使用する理由としては、三途の川の「箸渡し」をするという意味あいが含まれています。お骨は、足の方から頭のるというしきたりのような物もあります。基本的には喪主がそれに該当します。お骨を壷に収めるのが終わったら白木の箱に入れてから白い布で包んでいきます。この時埋葬許可証も一緒に手渡されます。なお、埋葬許可証は埋葬の際のみでなく、お墓の移転などのときにも必要になりますから、なくさないよに骨箱に入れて持ち帰ることになります。

 

精進落しの流れ

このように骨上げの儀式を済ませた全員は帰途に就きます。帰り着くと、後飾りという改めて白布をかけた小机の上に遺影、花や線香などを飾りつけ、その真ん中に遺骨と位牌を安置していきます。僧侶の「還骨勧行」という読経と同時に喪主を始めとした全員で焼香をしていきます。これが葬儀の終了を示す儀式となります。

近年は、この時に初七日の法要も同時に行うというのが一般的になっているようです。この後に改めて精進落しを全員で行いますが、これは初七日が済んでから精進の期間が終わったと言う意味合いが含まれています。僧侶が最上座に座って、世話人、様々な係り、故人の親しい友人の順で座っていき喪主、遺族は労をねぎらう立場ですから末座に座るというふうになります。喪主あるいは親族代表がお礼を述べて宴が開始されていきます。宴が開始したら遺族は会葬者一人ひとりに酌などをして回りながらお礼を言います。 体が一時間位を目途にして喪主もしくは親族代表が挨拶に立って終了していきます。


おすすめWEBサイト 5選

東京エリアでおすすめの声優養成所をピックアップ!

2017/12/14 更新

copy