葬儀に関するサイトBegrabnis

葬儀・告別式の流れ

仏式葬儀での儀式の流れ

宗派により、少しずつ異なってきますが、仏式の葬儀の大まかな流れをご紹介します。

 

1.喪主・遺族の入場、着座

2.導師入場、着座

3.一同合掌

4.司会者開式の辞

5.読経

6.喪主から遺族・近親者の順で焼香

7.読経

8.喪主から遺族・近親者の順で焼香

9.参列者焼香

10.お別れの儀

11.葬儀委員長謝辞

12.導師退場

13.出棺


一般焼香が終わった後で、導師が一度退場します。司会役は葬儀終了の辞を報告し、直ちに告別式に移り再度、導師が入場するという方法もあります。焼香の場合には中央に進み出た時に焼香の前とあとに喪主、それから遺族は参列者に軽く一礼するのが礼儀となっています。参列者も軽く頭を下げて返礼しましょう。一般参列者も自分の焼香の番になったら前とあとに着席している喪主と遺族に目礼をしてから、まっすぐ出口に向かい退席しましょう。

 

神式葬儀での儀式の流れ

1.親族・参列者着席

2.斎主入場

3.開式の辞

4.斎主祓詞・修祓

5.斎主祭詞奏上

6.弔辞・弔電披露

7.玉串奉奠

8.昇神の儀(斎主一拝・一同一拝)

9.斎主退場

10.喪主挨拶

11.閉会の辞

12.一般告別式

13.親族代表挨拶

 

神式では通夜のことを通夜祭といい、式を司る神官が斎主、そして進行の世話係は斎員と呼んでいます。まず、祭儀に入る直前に手水の儀と呼ばれる桶に入れた水を柄杓ですくって手と口を洗い清め白紙を使用して手を拭いていきます。手を清める際は水を三回に分け、注ぐのがマナーとなっているようです。
おおよその式次第は仏式と同じ流れになりますが、最も番大きな違いはというと、仏式が焼香を行う場所で榊の枝に四つ折りの紙を付けた玉串を祭壇に捧げるといった事でしょう。この式を玉串奉奠の式と呼んでいます。その後、故人の霊を遺体から霊璽に移す遷霊祭というものを開始していきます。更にもう一度玉串奉奠をして通夜式が終了となります。

 

キリスト教式葬儀での儀式の流れ

キリスト教の場合、カトリックは通夜の事を通夜の儀といい、プロテスタントは前夜祭と呼んでいるようです。カトリックの場合は、聖歌合唱で葬儀が開始され聖書朗読、神父説教、祈り、献花、遺族挨拶が式次第となります。 プロテスタントの場合、讃美歌斉唱で葬儀が開始されこれが三度間に入って式が進んでいきます。キリスト教の際は、神父や牧師が世話係を勤め進行役も同時に行います。葬儀は場所はほとんどの場合が教会で行われます。座る席順としては、喪主→遺族→親族が最前列に座るというしきたりになっています。

 

無宗教葬の式の流れ


葬儀の式進行から、仏教とかキリスト教とかの宗教色を一切省いた、自由な形式で行われている宗教を「無宗教葬」とよんでいます。無宗教葬は個人葬の場合では比較的に少なく、団体葬や学校葬などの葬儀に多く見られています。
その際、身近な人で密葬を先に行って、公的な葬儀を無宗教という形式で行っていきます。 ですから、公的な葬儀では既に火葬を済ませていることがほとんどで、その場合は棺の代りに遺骨が遺影と共に祭壇におかれる事になります。個人的な家庭葬の際は決められた形式と言うのは存在しません。 仏式葬儀の特徴といえる読経や焼香もなく、その代わりに故人の好んでいた音楽がかかり、焼香の代わりに献花をする形がほとんどでしょう。


Valuable information

保健科学東日本

最終更新日:2017/8/4

copy