葬儀に関するサイトBegrabnis

通夜の流れ2

葬儀の打ち合わせについて

葬儀の打ち合わせ等も、近親者の集合している通夜の時に行うのが一番でしょう。詳細は多くが葬儀社任せという感じになるようですが、それでも事前に打ち合わせをしておく必要が何点かあるでしょう。

 

まずは、喪主、葬儀委員長を決めておくこと


喪主、葬儀委員長は絶対に決めておきましょう。本来は故人の長男が喪主となることが一般的でしたが、最近では故人が世帯主である際は、その連合いが喪主を務めるというのが多くなっています。葬儀委員長は地元の自治会長だったり、また故人が会社勤めの現役であったなら会社関係の上司などに頼んでおくといいでしょう。

 

移動の際の車の準備


火葬場まで行く人数がどれだけいるのかと言うことも確認も重要になります。何人かが分かり次第車を手配しておきましょう。

 

式の確認について

 

そして式の確認にはいります。席順としては通夜の場合と同じになります。供物や供花の置く位置は正しいか、故人との付き合いの深さによって決定されます。重要なものほど棺に近くなり、花輪は入り口に近ければ近いほど参列者に深い印象を残してくれます。

 

役割分担について


通夜の際も同様ですが、葬儀の際の役割分担も決めておきましょう。喪主をはじめとして喪家の人は当日お手伝いの仕事は無理になりますから、前もって親戚など近親者に頼んでおきましょう。葬儀の時の受付や案内、荷物係、留守番など必要な人数をしっかりと把握して、葬儀がスムーズに行えるようにしておきましょう。

 

祭壇の準備について


葬儀の日取りが決定した段階で葬儀社側は当然祭壇の準備を開始していきます。もしも、告別式を自宅でするのであればどこの部屋をしようして行うのかという所まで決めていきます。そのあと、祭壇を飾りつけしますから部屋を片づけて、祭壇に飾る遺影の写真を探したり、通夜、葬儀に必要な用品をしっかり揃えておきましょう。

 

精進落しの準備について


精進落し(会食)の席も準備しておかなくてはなりません。これも事前にしっかり頼んでおきましょう。ご近所の主婦の方などが手伝ってくれることが良くありますが、他人の家ということもありますから勝手が分からないということになってしまいます。それ以外にも礼儀的なことも考えて、身内の者が最低でも一人は付いておきましょう。


注目サイト

相模大野付近で塾を見つける

Last update:2018/6/28

copy