葬儀に関するサイトBegrabnis

通夜の流れ

通夜の際の服装について

亡くなった日の夜に弔問に訪れる人は、必ずしも自宅に来る方ばかりではありません。故人が生前に病院に入院していたことを知っている人だったり、見舞いに来られたことのある人でしたら、報せを聞き病院へ駆けつけることも少なくありません。そして、遠距離の親戚が夜遅くなり到着するといった事態も考えられます。そのようないろいろなケースを考慮したら、仮通夜の晩には、身内の人は必ずしも正装の喪服を着なくても大丈夫でしょう。光沢のない素材であり、黒を基調とした服であれば良いでしょう。

告別式の前夜の本通夜は正装の喪服をきちんと着ましょう。この際は、自宅であっても、そうでなくても、祭壇が作られて読経もあります。焼香される弔問客の前で家族は居並んで礼を返すのだから、喪服を前もって準備しておきましょう。


通夜の流れについて

仏式による通夜の場合は、僧侶をお迎えするという設定から入っていきます。その際の僧侶は「導師」と呼んでいます。導師が到着したら全員会場に集合して、導師の入場を待ちましょう。

そして、この際の座り方については、祭壇に向かい右側に喪主、そして遺族、近親者、親戚となります。それから左側には僧侶、葬儀委員長、世話役、故人の先輩、恩人、会社関係者、知人の順で座っていきます。ちなみに上司は上座に案内しましょう。

導師が入場したら、全員着席をします。その後、読経が開始していきます。お経が読まれている中で、喪主を先頭にして親族、一般参列者の順で焼香を行っていきます。自宅などで場が狭い時は、回し焼香になることもあるようです。一般的に焼香は喪主から開始していきますが、社葬など特別な場合は葬儀委員長から始めるなどとされているようです。

そして、読経と焼香、説法が終了しましたら、導師はすぐに退場していきます。そして喪主の挨拶によって通夜は終了になります。通夜の式が終わったら弔問客や世話役などに夜食など、またはお酒をお出ししていきます。その際、勧められた参列者は一口だけでも口にするのが供養の一環とされています。


recommend

東京の信頼できる着付け教室おすすめベスト5!無料講座など比較してご紹介

Last update:2018/7/17

copy